読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海と太陽と日常と

何でもない日常のあれこれを綴る場所

荒巻義雄先生の艦隊シリーズ。

どうも、浅海です。

今日は少し色々と思い通りにならない

…というか何でこんな目にあうんだ…という1日でクタクタです。


こういう時は本でも読んで世界観に

入り込んでしまおう


ということで今回は戦記シミュレーション小説のご紹介。


f:id:asami_5:20160812172907j:plain

荒巻義雄  旭日の艦隊 (中央公論社)


この作品説明しようとすると

荒巻先生の書かれたもう1つの作品

紺碧の艦隊 も説明しないとわけがわからなくなるので

まずは紺碧の艦隊から


▶︎紺碧の艦隊


昭和18 4.18 ブーゲンビル島の上空での海軍甲事件で戦死した山本五十六……

だが何の悪戯か、彼が目覚めたのは38年前の後世世界に高野五十六として転生するところから全ての物語が始まります。

*後世世界=一種のパラレルワールドで、山本五十六として生きた前世とは少し違った世界がある。

 国は同じですが、年号が「昭和」でなく「照和」と 微妙な違いがあるんです。


この後世世界でも日米開戦はするのですが

高野以外にも前世からの転生者が軍・民間問わず 多くいるようです。

日本は侵略戦争となってしまったとされる前世大戦の記憶と反省を踏まえ

大高弥三郎首相、高野軍令部総長らは

紺碧艦隊・旭日艦隊を作り上げます。


日米開戦後、紺碧艦隊や機動部隊、海兵隊による神がかり的な進軍により

日本は大国アメリカを圧倒し、太平洋の制海権・制空権のほぼ全てを手中に抑えます。


この時点で突っ込みどころ満載ですが

これは紺碧の艦隊読んでから ですね。


▶︎旭日の艦隊

さて、旭日の艦隊は

日米開戦から四年後、すなわち照和20年8月から始まるお話。

(ちなみに前世での昭和20年8月15日といえば終戦日ですね…)


この時期の世界と言いますと

ドイツ第三帝国・イタリア(日米英ソ連と交戦中)

アメリカ合衆国(日独と交戦中)

日本・大英帝国(日本は米独、英国は独と交戦中)

……日米独で見ると見事なまでの三つ巴!!


何でこうなったかと言うと

日本がアメリカ相手に太平洋やアジアで

快勝を収める一方で、欧州へのアメリカの影響力が弱まります。

(アメリカは欧州からは手を引き、アイスランドを拠点として欧州奪還を目指します)


結果的にドイツ第三帝国率いる枢軸軍は

欧州全土、ソ連西側、アフリカ北部、中央アジア及びインド北部を征服し強大な国家へ。


更にこの後世におけるヒトラーは悪魔に取り憑かれたかのような人間になっており

史実のヒトラーとは違った……いや、史実の数倍危ない人間となり、欧州のみならず

全世界を支配しようと企んでいます。



そしてアメリカから見捨てられた英国は

ヒトラーの野望を阻止する日本と同盟を結び

援英派遣艦隊として旭日艦隊が編成、出撃することになります。


旭日艦隊は司令官の大石蔵良元帥や

大石と同じ前世からの転生組の幕僚達と共に

旗艦 超戦艦日本武尊(ヤマトタケル)ほか

強力な艦艇、兵装、航空機、

そしてを大石の奇想天外な作戦を駆使して

ドイツ第三帝国に立ち向かいます。



歴史を勉強してきた今の人たちからすれば

なんでや!! という展開ですが

事実の歴史による固定観念を一旦捨てて

紺碧の艦隊を原作やアニメなどで触れれば

高野や大高がこの戦いをどういう戦いにするべく目指しているのかが

わかるのではないでしょうか。


他にも現実問題として

近隣諸国との難しい関係にある

今の日本に生きる私達に、平和とは何なのかと考えさせるメッセージも読み取れます。


ま、これについてはまた続きを書きましょう。

長くなったのでここまで ではまた。


閲覧ありがとうございました!



山の日

こんばんわ 浅海です。


連日の猛暑によるダメージが溜まってるのか

このところ午後は昼寝をしていないと体が持たない

というか気づいたら寝てて夕方になってる


みたいな日々です。



今日は祝日でしたが

今年から新しく制定された山の日 というものだそうで

海の日に対抗して作った感ある祝日ですね。


でも海に対して山 なわけですから

海の日があって山の日がない のはおかしいだろ! 

という意見も分かる気はします。


今年は山の日1年目ってことですけど

来年以降になると 山の日に合わせたイベントも増えてくるんでしょうね。


どんなイベントが増えるんだろうか

自由研究で昆虫採集とかありますけど

そのための虫取りイベントとか


暑い夏だけど 山奥で流しそうめんしながら涼むとか


山だけでなく川とセットで考えると

様々なイベントが出来そうですね。

その分アクセス面で悩むところもありそうですけど(ー ー;)


ひとまず今年は特に山の日を実感することなく終わりそうです。


ではまた。(明日あたりは旅のあれこれ書きたいな)


閲覧ありがとうございました!

バーベキューモスバーガー!(^o^)!

ども! 浅海です!


今日も私の住む四国は暑い!

帽子なしで自転車乗って移動するのは命知らずなのではと思うほどに。


さて、今日は午前中用事で外へ出てたのですが

用事終わるともうお昼


昼食どうしようかと思いましたが

モスバーガーへ向かいました。


お目当はこちら!


バーベキューモスバーガー 野菜と果実の特製ソース(¥390 359kcal)

最近カロリー表示見て チーズの有無でカロリー差どれだけあるのか見るの調べるの楽しいです。


これにポテトSとポテトセット(+ ¥410)で

合計¥800 


そしてそのバーベキューモスバーガーは此方。

f:id:asami_5:20160810144630j:plain

トマトの下にバーベキューソース、オニオン、カロリーハーフマヨネーズ、パティ

といった感じ。


通常のモスバーガーはこのソースが甘めのミートソースですが

こちらのバーベキューソースは

辛味と野菜と果実由来の甘みの加わった

甘辛ソース。


これにオニオンと上のトマトが加わると程よい酸味も入ってやみつき待った無し。

そんでもってこのソースが肉に合うんですわ(。-_-。)


バーガーから溢れたソースとオニオンは後ほどポテトにつけて残さず頂きました。

夏限定のバーベキューモスバーガー、皆さんも是非ご賞味ください!


※モスの人間じゃないよ! モス好きな一個人の感想だからね!


ではまた 閲覧ありがとうございました!(^.^)

旅のあれこれ②〜宿決め〜

こんばんわー、浅海です。


今回は昨日の続きです。


旅のあれこれ 第②回目は

前回の続き 宿泊先のあれこれ について。


数日かけて旅するにあたり

必要になってくるのは泊まる宿ですね。

カプセルホテル、ビジネスホテル、ゲストハウス、ネットカフェ、温泉施設などなど

最近は色々なパターンが取れますね。


しかし旅の疲れをしっかり取って

翌日に備えたいのであれば

予め宿泊先をおさえ、

安心して宿に向かいたいものではないでしょうか。


では私の宿決めのパターンを1つ。。



① 宿泊の一ヶ月前から候補を探し、約20日前までにおさえるべし


当たり前ですが繁忙期になるとギリギリでの宿探しは困難です。

あったとしても泊まりたいところとはかけ離れたところかも。

泊まるホテルを選びたいのであれば 早い段階から候補を見つけておくのが良いです。


私の場合は、一ヶ月前には楽天トラベルを用いて5つくらい候補を見つけてます。

そのあと 後述する項目に当てはまるところを絞っていき 20日前くらいには予約完了しておく といった感じ。


キャンセル料も確認しておくと

早い段階でイレギュラーな予定が入った場合でも困らずに済みますのでオススメ。



②泊まりたい宿の条件を決めるべし


条件というと色々ありまして

・夕食朝食がある

・禁煙の部屋

・大浴場がある

・和室

・一泊5000円以内


楽天トラベルだともっと細かな条件に絞り

泊まりたい宿を絞ることができます。


私の場合 夕飯を食べてからチェックインor一旦チェックインしてから外へ夕飯に

のスタンスなので

・夕飯なし 


朝食はバイキング形式であれば利用、それ以外に喫茶店が近くにあれば利用なし

・朝食あり(バイキング)


タバコは吸わないので禁煙の部屋

・禁煙


ざっとこの3つほど。

あとはさっき言ったみたいに5000円以内あたりにして

候補を絞ってます。


ただもともの宿の数が少ないとこだと

条件減らしてある程度の妥協するか、近辺で宿の多いところに地域を変えて探しなおし といった感じで対処。



③レビュー、写真を見て 実際に泊まった時のことを想像してみるべし


候補を絞っても迷う時の最終手段。

楽天トラベルなら口コミ評価やそれに回答する宿側のコメントも見れます。

また写真も見れるところだと どういう部屋なのか 料理の品揃えはどんなものか

といったところも大雑把に分かるので


もしここに泊まるなら… と想像し

泊まるならここだ! と決め打ちしちゃうのが私のスタイル。


過信はしちゃダメですが

条件や値段だけからは分からないところは

こういったところを見ると より絞り込めるのではないでしょうか?



ということで 前回のプランニングに合わせて

今回の宿決めで 旅行前の大事な下準備は完了。


次回は荷造りとかその辺のあれこれについて

綴っていきます。


お楽しみに(?)



旅のあれこれ①~プランニング~

こんにちは。

第②回目の投稿ですね


前回の初投稿閲覧頂きありがとうございます。


今回は私の趣味のひとつ 旅

の楽しみ方について綴ってみます。


国内外の有名なとこにいったり、

行ってみたいところを訪れたり、

会いたい人に会いに行ったり、

ちょっとふらっと遠くへ行きたくなったり、


人が旅に誘われる理由って色々あると思います。


その中でも私は

「ちょっと行ってみたいところがあるから旅しようか〜」

みたいなノリです。


そこで次に考えないといけないのは

プランニング  と私は考えています。


よく聞くのは大手旅行代理店さんがプランニングしたツアーに参加したり

個人旅行のプランニングをお願いしたり

というものがありますが


今回は旅行者自身でプランニングする

を前提に私のスタイルを

そのひとつとしてご紹介。



①1番の目的を決めるべし!

一番メインにしたいことを決めましょう。

ex....

草津温泉入りたい!」

「美味しい海の幸を堪能したい!」

「雄大な景色を写真に収めたい!」

と挙げればキリないと思います(笑)


1番の とつけたのは

いくつもあると 窮屈な旅になりがちで

楽しんだよりも疲れ気味になるからですね。

これだけはこの旅で譲れない! 


といったものを据えておきましょう。




②行き先、行き方を決めるべし!


主目的が決まれば、どういう経路で どういう手段で行くかを決めておきましょう。

これ 場所によっては大事ですよ〜。


まず行き先

これは主目的がその場所であれば考える必要ないですが

場所が特に決まっていなかった場合

次のように考えてみるのも良いと思います。


・横浜から片道二時間以内の場所へ

・旅番組で特集されていたところへ

・山間部or沿岸部

・イベントやお祭りが開催されているところ


みたいにね。

そうすれば目的にあった場所はどの辺なのか

ってのがわかると思うんです。


そして次に行き方、こちらもかなり大事。


例えば東京や大阪のように バスや鉄道などアクセス手段豊富な場所だと行き当たりばったりでも大丈夫ですが

四国や北海道、山奥 となると

移動に時間はかかりますし、

何より都会と違い 乗り過ごしたら次まで30分以上! なんてこともざらです。


そのために、乗り換えアプリを駆使して

目的地へ向かうための足を確認しておきましょう。

しかし、旅にはアクシデントもつきもの。

万が一乗り遅れてしまった場合や

急な運休などにあった場合などに備え

目的地へ向かうパターンは複数考えておくべきでしょう。


これをしておくだけでも

ハプニングが起こってもパニックに陥ることはない はず!



③スケジュール


先ほどの行き方と重なる部分もありますが

皆さんのペースにあった時間配分を心がけましょう。

特に初めての場所に行く場合は

駅や乗り場を探すのに戸惑うことも少なくないです。

乗り換え時間にはある程度余裕を持たせましょう!


観光地に行くにしても

ここを全部回るとすれば二時間はかかる

のであれば プラス30分〜1時間くらいの余裕を持たせれば満足に回れるかも。


時は金なり とは言いますが

必要な時にはしっかり余裕を持たせて多めに取ることも必要なのです。



④予算


はい、最後にこれも大事です。

50000円の予算があったとして

これがどういったものに費やされるか

具体的には


・交通費

・食事代

・宿泊費

・施設等入場料

・お土産(自分他人問わず)


こんな感じ。

交通費と施設入場料とかは

調べるとすぐにわかるでしょうし


食事代も一食何円以内 としておけば

ある程度見積もれると思います。


お土産も調べるのが難しくても

大雑把に6000円分まで と決めておけば

後で調整はききますね。


難しいのは宿泊費。

これについては………


また次回にしましょう(^_^;)

ここまででも長くなりましたもんね。


最後にもう一度。

この内容は 私自身が何度か旅を経験して

しっくりしたスタイル ですので

あくまでも参考程度にしてもらえると。


ではまた 閲覧ありがとうございました!




はじめました

おはようございます。


浅海春です。


今日からちまちまとこのブログを始めます。


どうぞよろしく。



どんなこと綴っていくかというと


その日その時ふと思いついたこと、

思い出したこと、書きたいと思ったもの

をサクッと手短な内容で


……と考えてます。


お楽しみに(?)